【営業時間】昼:11:30~14:00 / 夜:17:00~19:40 オーダーストップ

【定休日】水曜日

【TEL】024-534-1730

English

  • HOME
  • 鰻へのこだわり

鰻へのこだわり

究極のふっくら
飽きのこないあっさり
また食べたくなる味

宮崎・愛知・鹿児島・静岡県産などの高品質な活鰻を使用し、練達した職人の技で一串一串手焼きしております。ふっくらと蒸した鰻を秘伝のタレに三度くぐらせ焼き上げております。

鰻といえば、関東と関西で調理の特徴が大きく違ってきます。

関東は「背開き・白焼き・蒸し・焼き=あっさりしてふっくらと柔らかい」、関西は「腹開き・白焼き・焼き=脂がのってパリッと香ばしい」という違いがあります。開業当時は東北にいる職人はそのほとんどが関東から来ており、大亀楼初代渡邊亀吉も東京で職人としての修業を重ねたので、自然と関東の味を持つ舌となりました。

大亀楼は鰻の余分な脂を徹底的に落とすようにしており、老若男女問わず食べやすく食が進むようにしております。美味しいものをお腹いっぱいというのがこだわりですので、調理工程の一つとして余分な脂を流し落とし、旨味のみを閉じ込めてふっくらと食べやすく蒸しあがるようにしています。幅広い年代のお客様がいらっしゃいますが、皆様が綺麗に完食された器を見るたびに嬉しく思います。

食欲をそそる香ばしい鰻は、創業時から受け継がれている秘伝のタレに三度くぐらせ焼き上げています。鰻のエキスが何度も入ることでタレに味の深みが加わり、さらに旨味を増し育っていきます。

大亀楼のタレはとろみが少なく口当たりがサラッとあっさりしているのが特徴です。脂を落とした鰻にはタレがしっかりと染みており、口当たりはあっさりとしているのでどんどん食べ進めることのできる味わいになっています。鰻とタレのそれぞれがお互いを引き立たせる存在となっております。
(蒲焼・鰻重はもちろん、牛すき焼きにも同じ秘伝のタレを使用しております。)

私たちは、せっかくの贅沢なのだから満足のいった食事であってほしいと考えております。

その食事がまた特別な思い出となることで、皆様が長らくご愛好してくださる「また食べたくなる味」となることを願っております。

pagetop